top of page
  • mori1316

『股関節』

人間の身体で最も大きな可動域を持つ関節は、肩甲骨と股関節です。

前後左右全方位の優れ者です。

足が速い!といわれる人

はみな股関節の柔軟性、

特に前後の柔軟性に優れています。

股関節の柔軟性を高める(可動域を拡げる)事で、走力にパワーが生まれます。

左右への柔軟性は、推進力に関係ないと思われがちですが、怪我をしない身体作りの為にも、大変重要です。全方位バランスを怠りなく!


今日は、前後の可動域を拡げるドリルを3種類。

なご陸でもお馴染みのドリルですが

こういった地味なドリルが大切なんです。


①クイックヒップリフト

片膝をしっかり胸に引き付けて、反対の足を床に押し付け、お尻を引き上げます。床を押し付けている脚のお尻をギュッと締めるイメージで。

腰が反らないように。

反動をつけないように。

左右10回。

https://youtu.be/qM7x8pa70SU


②ストレートレッグレイズ

両腕は体側に自然に置いて、仰向けに寝ます。

床と背中に隙間ができるはずです。

片脚を伸ばしたままで上げ下げします。背中の隙間が埋まる事を意識して。左右5回x2

https://youtu.be/jwjV3b-atXc


③ウォールドリル(リフト)

壁に両手を付いて、身体を45度で支える。前脚は曲げて、後ろ脚は頭からかかとまで直線になるようにセット。後ろ脚を素早く引き上げます。

背中が反ったり丸くなったりしないように!左右10回x2

https://youtu.be/CtdJ6M_E93M


ストレッチ系のトレーニングは、負荷よりも

正確性と継続。

毎日少しずつでも続けてください。

必ず成果が出ます‼️


授業の復習も、

毎日のルーティンに!

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

《ウェーブ走》

* 100m(30m加速→40mリラックス→30m加速)3〜4年生 * 150m(50m加速→50mリラックス→50m加速)5〜6年生 * 200m(80m加速→50mリラックス→70m加速)中学生 後半でも伸びる力強い走りを鍛えるには、「ウェーブ走」が効果的。 ペースを上げ下げする練習で、1本の中で加速して走る区間とリラックスして走る区間を繰り返す練習です。 この練習に取り組むことで、後半に失速

《坂ダッシュ》

* 30mx2〜3本 * 50mx2〜3本 * 80mx2〜3本 短距離走の加速ゾーン(0m~50m)を鍛えるのに効果的な練習が、 「坂ダッシュ」。 坂道を駆けのぼることによって、 股関節やお尻の筋肉(大殿筋)もも裏の筋肉(ハムストリング)を効果的に鍛えることが出来ます。 これらの筋肉は、スタートからトップスピードに乗るまでの加速ゾーンで爆発的な加速力を生み出すのに欠かせない筋肉。 傾斜のある坂道

《テンポ走》

* 100mx3本(3〜4年) * 150mx3本(5〜6年) * 200mx3本(中学生) 短距離走の動き作りとして、効果的なのが 「テンポ走」。 100~200mの距離を 全力ではなく、 80~90%の力で走る練習です。速く走る脚力を鍛えるのではなく、フォームをチェックするための練習。スプリントドリルなどで身に付けた動きを、実際に走る中で再度確認するという位置づけの練習です。このテンポ走で、し

Comments


bottom of page