top of page
  • mori1316

持久走のススメ

更新日:2021年1月24日

冬季は、

シーズン中にはなかなか取り組めない、

体幹トレーニングや、

心肺機能の強化に

集中できる季節です。

冬場の持久走は良い事だらけ。

身体の中から温まる感覚や、

新鮮な風が頬を撫でる気持ち良さ、

自然に脚力も強化されます。

お家の近くで500m程度のコースを設定して、1000m以上の距離で計測を続けることをお勧めします。

できれば3日に一度を目安にチャレンジして欲しいですね。


動画は、土間に降りてからのウォーミングアップドリルが参考になりますね。

長い距離ばかりだと、スプリントのリズム感や

瞬発力を忘れるので、

ラダードリルも良いです。

ラダーが無くても、

40〜50cmピッチで床に線を引けばできますよ。

最後のなめらか流しは、リフレッシュ効果が

あってオススメです👍

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

《ウェーブ走》

* 100m(30m加速→40mリラックス→30m加速)3〜4年生 * 150m(50m加速→50mリラックス→50m加速)5〜6年生 * 200m(80m加速→50mリラックス→70m加速)中学生 後半でも伸びる力強い走りを鍛えるには、「ウェーブ走」が効果的。 ペースを上げ下げする練習で、1本の中で加速して走る区間とリラックスして走る区間を繰り返す練習です。 この練習に取り組むことで、後半に失速

《坂ダッシュ》

* 30mx2〜3本 * 50mx2〜3本 * 80mx2〜3本 短距離走の加速ゾーン(0m~50m)を鍛えるのに効果的な練習が、 「坂ダッシュ」。 坂道を駆けのぼることによって、 股関節やお尻の筋肉(大殿筋)もも裏の筋肉(ハムストリング)を効果的に鍛えることが出来ます。 これらの筋肉は、スタートからトップスピードに乗るまでの加速ゾーンで爆発的な加速力を生み出すのに欠かせない筋肉。 傾斜のある坂道

《テンポ走》

* 100mx3本(3〜4年) * 150mx3本(5〜6年) * 200mx3本(中学生) 短距離走の動き作りとして、効果的なのが 「テンポ走」。 100~200mの距離を 全力ではなく、 80~90%の力で走る練習です。速く走る脚力を鍛えるのではなく、フォームをチェックするための練習。スプリントドリルなどで身に付けた動きを、実際に走る中で再度確認するという位置づけの練習です。このテンポ走で、し

Comments


bottom of page